赤ちゃんと何して遊ぶ?~ペットボトルで遊び尽くす!~

育児

ショッピングセンターを歩いている時、
ネットを見ている時、
可愛いおもちゃや、楽しそうなおもちゃが
たくさん目に入りませんか?

 

でも、意外と買ったおもちゃよりも、
こんなもの?がおもちゃになったりします。

 

うちの場合は、【ペットボトル】が大活躍でした!
おうちでの遊びに困った時に参考にしていただければ幸いです。

 

 

レベル1 ペットボトルから外したラベルを堪能

もう、そのままですね(笑)

ペットボトルから外したラベルを渡して遊んでもらいます。

まずは大人がカシャカシャしたり、
ひらひら目の前で見せてあげましょう。

 

そうすると、自分の手で掴んでカシャカシャしたり、
お口でハムハムしたり、
とにかく楽しそうでした!

 

ペットボトルの種類によってラベルの固さが違ったりするので、
最初は柔らかいラベルを選んであげてください。

 

レベル2 ラベルをオーボールの中にIN

オーボールを持っている人は是非やってみてください!

ラベルをオーボールの中に入れるだけです。

赤ちゃんに渡すと頑張って指でラベルを取ろうとします!

最初は、複数のラベルを入れてあげると取りやすくなります。

 

赤ちゃんでも成功体験をさせてあげてから、
難易度があがっていく方が長く楽しめそうだなと、私は思っています。

 

結構集中してくれるし、指先の運動にもなると思っています。
また、ラベルを入れたままオーボールを転がすと
カシャカシャ音が鳴るので、うちの子は興味深々でした!

 

レベル3 お水を少し入れた状態でコロコロ

うつ伏せが出来たくらいでお水を少し入れたペットボトルを渡してあげると、
目で追ったり、自分で触ろうとしたり、
不思議そうな顔で楽しんでいました。

 

ゆらゆら揺れるお水が不思議で楽しいみたいです。

 

お座りが出来るようになると、座ってペットボトルを持ち上げようとしたり、
倒そうとしたり、力がついた時にはシェイクして遊んでいました!

 

応用編としては、何本かペットボトルを用意し、
食用色素を使って、カラフルな色水を作ってあげると、
大人も楽しいし、赤ちゃんも「わあ!」となりました。

 

色彩感覚?も養えそうでおすすめです!
(もちろん頑張って作っても見向きもされないこともあります…)

 

レベル4 ビーズやドングリをいれて楽器に(要注意!)

100均で買ったビーズや、
お散歩の時に拾ったドングリを拾ってペットボトルにIN!

 

ここで要注意なのは、ドングリは煮沸消毒した方がよいこと。

また、誤飲が怖いので絶対にフタが開かないように、
ビニールテープなどで、ぐるぐる巻きにすること。

 

お金をかけずにおうちで簡単に楽器が作れちゃいます!

うちの子は、振って音がなるおもちゃが大好きだったので、
大ヒットでした!

 

ちなみに、最初は使わないペンをペットボトルに入れているだけでしたが、
とても楽しそうに振っていました。(なんでもおもちゃになる(笑))

 

レベル5 簡単ボーリング

空のペットボトルを複数(2~5個)並べて、
100均で売っている赤ちゃんが掴みやすそうなボールか、
持っている方はオーボールを用意してみてください。

 

あとはボールを赤ちゃんにコロコロ転がしてもらうだけ!
最初は力が無いので全然倒れません。

 

なんなら足で直接ペットボトルを蹴ったりしていました(笑)
ハイハイで突撃しにいく時もあります。

 

ボールをお持ちでない方は、ハイハイで突撃させるゲームとして
楽しんでも良いと思います!

 

全然ボーリングにはなっていませんが、楽しければOKだと思っています!

 

レベル6 ラベルはがし

指先の運動にとってもおすすめです。
ラベルを少しだけペットボトルからはがした状態で赤ちゃんに渡します。

 

あとは自由にはがしてもらうだけ。

最初はラベルを指先でつまめなくて苦戦しますが、
自分で考えて、段々上手にはがせるようになっていきます。

 

学習してるんだな~ってしみじみ思います。

これも、種類によってはがしやすい、はがしにくいがあるみたいなので、
色んなペットボトルを試してみると楽しいです!

 

最後に

今回、我が家のペットボトルを使ったおうちで出来る遊びを紹介しました!

なんてことはないのですが、
意外と楽しめます。

 

ちなみに外出先で、「おもちゃ忘れた!」ってなっても、
ペットボトルなら、自動販売機でもGET出来るので、
少しは赤ちゃんの気を紛らわすことができます♪

 

大人が用意しなくても、
赤ちゃんは自分で遊びを見つけたりするので、面白いですよね。

 

最初にペットボトルのラベルを持たせた時は、
「こんなゴミ持たされても楽しくないよね?」と思っていましたが、

すごい勢いで食らいついてきたので、私たちにとってはゴミでも
赤ちゃんにとっては初めて見る「おもちゃ」なんだなと改めて思いました。

 

(触れられたくないものも「おもちゃ」になっちゃうので、
困る時もありますが・・・)

 

今回の記事が誰かの何かの参考なれば嬉しいです!
ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました