ママと離れるのは嫌!な、赤ちゃんとのワンオペ風呂

ワンオペ

ママと離れるのは嫌!だったり、後追いが激しい赤ちゃんだと、
ワンオペのお風呂が結構憂鬱だったりしませんか?

ただでさえ、大変なワンオペお風呂。
しかも、1日ワンオペで疲れているところに試練…。

この後寝かしつけもあるし…。
なんとかスムーズに乗り越えたいですよね。

うちの子供は、早い時期からママと少しでも離れると、
絶望の叫びをあげる赤ちゃんでした…。

そんな私たち親子のワンオペ風呂の歴史をご紹介します。
少しでも参考になれば、嬉しいです!

 

ねんね期

まだ、寝返りをしない頃のワンオペ風呂は、
よくインターネットでも紹介されているバウンサーを使いました。

オムツだけの状態でタオルをぐるぐる巻きにして浴室の外で待機。
(このぐるぐる巻き姿がたまらなく可愛かったです。)

もちろんお風呂のドアは開けっ放しで常に声をかけ続けました。
時には歌い、時にはいないいないばあをしてみたり。

自分の髪と体を超スピードで洗ってから、子供を浴室へ。
子供の髪や体を洗ってから2人で湯船へ。

あがったらまずは子供をタオルで拭く⇒保湿⇒着替え。

離れると泣くので、バウンサーに乗せて、
私の着替えや保湿、ドライヤーなどを見学してもらいました(笑)

うちの子の場合、特にバウンサーが好きなわけではありませんでしたが、
お昼に見ることのない脱衣所の風景にびっくりするのか
固まっていることが多かったです。

この時期は、とにかく子供に風邪を引かせないぞ!泣かせないぞ!の一心でした。
自分のことは後回しで髪はしっかり乾かさないのでパサパサ、

顔の保湿は雑なので、カピカピ、
体にボディークリームを塗ることなんて忘れていたので、

 

かっさかさのお肌。

産前に聞いていたママあるあるを体験しました。

 

おすわり期(7ヶ月頃~)

この頃には、バウンサーで浴室の外で待機させることは出来なくなりました。
離れると暴れてバウンサーから飛び出そうとしていました。

泣くだけならいいのですが、飛び出してしまうのは危なかったので、
二人で同時に浴室に入ることにしました。

私が先に髪や体を洗っている時は、
浴室内にお風呂用のマットを敷き、そこで待機してもらいました。

ママと同じ空間にいることで安心するのか、
いつも大人しく待ってくれていました。

私は、急ぐことに加えて、
寒くないように何度も子供にシャワーをかけてあげたり、
でも子供には泡がついてしまわないようにしたり等々、何かと気を遣っていました。

バウンサーに待機させていた時よりも泣かれることが少なくなったので、
ちょっと心に余裕が出たことを覚えています。

 

つかまり立ち期(9ヶ月頃~)

つかまり立ちが出来るようになった頃、
もしかして出来るかな?と思って、
湯船のフチにつかまり立ちさせたところ…立った!

しかも楽しそう!ということで、
ワンオペ風呂でつかまり立ちを導入しました。

私が髪を洗って子供を視界に入れられない時間が多い時は、

おすわり期と同じくお風呂用のマットで座ってもらう。
そして体を洗う時は湯船にINしてつかまり立ちしてもらいます。

こうすれば寒くないし、私も泡を気にする必要がなくなったので、
おすわり期の時より楽になりました!

もし湯船の中で立ってもらう場合は、
お湯は浅めに張った方が安全だと思います。

たまに、湯船の中で座ってしまうこともあるので!
立ったら立ったで、転ばないか気を張らなければいけないので大変ですが、
各段に今までよりも私は楽になった気がします。

 

その他役に立ったもの

メリー

ねんね期にとっても有効でした。
浴室の外で待たせる時に、バウンサーの横にメリーを置くと、

やはりメリーの動きに釘付けで、
ママが離れていることも少しは忘れるようでした。

 

アヒルのおもちゃ

100均で手に入れたアヒルのおもちゃ。
私が買ったアヒル、じょうろみたいに水を口から出すタイプのものでした。

これが意外にお気に入りで、ぎゅっと握りしめていたり、
お風呂のお湯をせっせと外に流したりと楽しく遊んでいます。

お風呂で遊べる、お気に入りのおもちゃを見つけて、
お供にするのは良い手だと思います。

空のペットボトルやお菓子の空き缶なども、
お湯をすくって出せて、赤ちゃんは集中するので是非お試しください。

ただし、遊び過ぎてお風呂から出たくない!とならないように、
注意が必要です。

 

 

最後に

うちの子供の場合、本当に少しでも離れると叫ぶ・暴れるタイプの赤ちゃんだったので、
一緒に浴室にいく道を選択しました。

ただ、浴室の外で泣いたまま待っていてもらうのも、
1つの手だと思います。

もしかしたら、赤ちゃんが自分で待つ方法を編み出すかもしれません!
バウンサーで収まらない、

ハイハイして浴室内に来てしまう等の場合は、
今回の方法を少しでも参考にしていただければ幸いです。(大したことはしていませんが…)

今回、振り返ってみれば何も自力で出来ない【赤ちゃん】を
お風呂に入れていた期間はとっても短かったです!

辛いと感じている方も貴重な時間ですので、楽しんでください!
ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました