赤ちゃんの髪の毛いつ切る、どう結ぶのが良いか?

育児

お買い物や公園などで、すごくかわいく
髪を結んでいるお子さんをみかけました。

 

きっとママが器用なんでしょうね。

私は、本当に不器用で娘たちはいつも

おかっぱor マッシュルームカットでした。

ある意味モードでかっこかわいかったです、私的には。
とはいえ、2歳3歳なので『ちびまる子ちゃん』
の方が近いですね。

 

赤ちゃんの髪って、サラサラで柔らかくて
切るのも、結ぶのも大変ですよね。

 

伸び方も不揃いだから、整えたくてもどうしてよいのやら…。

夏場だと、汗でびっしょりなんてこともありますね。

ママが美容師さんのママ美容院のオープンが近づいて
きたら、さて何からどうしましょうか。

 

切るか・結ぶか・とめるか

最初に気になりだすのは、目にかかりそうな前髪ですよね。

 

切ってあげたいけど、目の近くでハサミを近づけるのはちょっと怖い気がします。

 

もし、前髪だけであればしばらくは結ぶまたはパッチンピンでとめるはどうでしょうか。

「うーん。あのサラサラの髪の毛を結ぶのが難しいのよね~」

という声が聞こえてきそうです。

 

難しいですよね。正直。

そう考えると、この不器用な私でも使えたという事で、
シリコン製(輪ゴムみたいな)の小さいゴムになりますかね。

 

やっぱり。タオルっぽい素材のゴムは、スルスルと髪の毛
をすべり落ちてしまいました。

 

結ぶタイミングとしては、テレビに夢中の時に少々グズっても
「はいはい!もう終わる!もう終わる!」

を言い続けながら済ませてしまいます。

 

女の子ならパッチピンやゴムで結ぶのもありですが、男の子は
ちょっと悩みますよね。

 

私は男の子のパッチンピンも前髪ちょこん結びも、かわいくて大好きです。

 

ただ、女の子でもピンを嫌がる子もいますし、やっぱり切ってあげるときは
でてきますよね

 

ハサミは使いよう

 

そこで今度の悩みはハサミですね。

顔の近くにくるし、予測不能な子どもの動きもありえます。

 

先の丸い赤ちゃん用のハサミを用意します。

 

スキばさみや赤ちゃん用のヘアカッターも売られていますが…。

 

すみません。使ったことがありません。

私が美容師のママ美容院は、前髪オンリーだったもので。

 

そのうえ少々切りすぎてしまっても

「短いくらいが、かわいい!かわいい!」
で過ごすタイプで。

 

切るタイミングも、髪を結ぶ時と一緒でテレビに
夢中になっている時ですね。

 

そして、クロスをかけない!本当は服に髪の毛が
付くし、下にも落ちてしまうんですが…。

 

どうやら、首がガサガサするのがダメだったようで
クロスをしなかったら、スムーズに行きました。

 

その後、服も脱がせてコロコロ、コロコロ…。前髪だけの
カットなので、そこまで大変ではないですね。

 

ただ、もう少ししっかりとしたママ美容院となると
クロスはしないとだめですよね。ママ友はレインコートを
着せて切ったと言っていました。それも、アリですね。

 

緊張の美容院デビュー

 

ママ美容院も卒業し(我が家はあっという間に閉店しましたが)
今度は本格的な美容院ですよね。いつごろ、どこに行こうか
情報を集めると思います。

 

私は偶然、昔担当してくれていた美容師さんが、お子さんを
産んで美容師さんとして復帰していたので、安心してお願い出来ました。

 

その方は、本当に淡々と日常にふわっと
入るように髪を切ってくれます。DVDを見せている時に、
少し声かけをしてくれて…。

 

嫌がったら、すぐに「ああ…ごめんね~…」

と空気のようにくしでとかすだけしていました。

 

すぐに引退した、私ママ美容師もプロの腕前に驚か
されっぱなしだったのを覚えています。

 

お子さんがいる美容師さん、またはキッズ美容院の
ように慣れている方だとグズって気持ちがラクですね。

 

そしてギャラリーの存在が大きかったです。2、3歳になると

「かわいい~」「かっこいい!」

の意味がわかるころです。

 

我が家では姪っ子たちがその強いギャラリーになって

「すごいかわいい~」「え~こっち向いてみて!!」
と、チヤホヤほめほめ…ありがたいほどでした。

やっぱりこのチヤホヤほめほめは、かなりの効果があります。
ご機嫌にさせてあげましょう。美容院ではアイドルになれますよ。

 

まずは、外から中が見えるキッズ美容院の前を通り
「すごいかっこいいよね~」「みんな可愛くなってるね!」
と良いイメージを持ってもらうと、行きやすくなりそうです。

 

かわいい!かっこいい!そしてこの2点をプラスして

ここまで髪の毛カットデビューや、美容院デビューの
お話をしてきました。

 

長くても、短くても、とにかくクルクル変わる赤ちゃんの
かわいい表情にはなんでもOKだなとしみじみ思います。

 

注意点は….

 

ただ、ここで2点。
・髪の毛が長いと、洋服のボタンやファスナーに引っかかって
痛い思いをしてしまうから、できれば結ぶ(少々ボサボサになっても)

 

・髪の毛を切ることを覚えると、好奇心で切ってみたくなるもの。
ハサミの管理は気をつける(工作用も)

 

やっぱり、痛い思いはさせたくないですよね。そこだけは、十分注意して
あげましょう。

 

親としても、髪の毛を結んだりカットしたりして、新しい
子どもの表情に出会えます。ぜひぜひ写真を撮って、楽しんでくださいね。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました